【インディケーター・ストキャトティクス】誰も知らない本当の使い方

オシレーター系の指標としてFXのトレーダーの間でも人気の高いストキャスティクス。

これの本当の示すところをご存じだろうか。一般的には買われすぎ、売られすぎの指標として使われているが、本当にそれでいいのか。

この記事では、ストキャスティクスの本質を計算式から分析し、勝率の高い使い方を紹介する。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスは歴史も古く、1950年代にアメリカのチャート分析家ジョージレン氏によって考案された指標である。

ちなみにストキャスティクスとは「推計学的な」という意味を持つ。推計というのは、ある計算によって推定することを意味する。

ストキャスティクスが教えてくれること

一般的には買われすぎとか売られすぎとかを教えてくれる指標という解説を目にすることがよくあるが、それは少しニュアンスが異なる。むしろそのように認識すると、とても危険なテクニカル指標になりかねないので注意を要する。

のぶた君

ストキャスティクスって以前使ったことありますよ。一般的な説明通り買われすぎのサインが出たから売って、売られすぎのサインが出たから買ってを繰り返していました。

レンジ相場では本当に調子よかったんですが、トレンドが出たとたんに大きくやられてしまい、それ以来使っていません。

ドラゴン先生

なるほどね。それは使い方自体に誤りがあるからだよ。これがどんな計算式で成り立っていて、本当に教えてくれることは何なのかを理解すればかなり強力なツールになるよ。

ストキャスティクスとは、一定期間の価格帯の中で現在の価格が相対的にどの水準、またはどの高さに位置していかを教えてくれる指標である。

ストキャスティクス の計算式

もともとのストキャスティクス計算式「マックス岩本公式動画」より

%K (パーセン トケイ) とは、C(終値)から一定期間の最安値(Ln)を引いたものを、一定期間の最高値(Hn)から一定期間の最安値(Ln)を引いた値で割ってその比率を求めたものであり、%D(パーセントディー)は何かというと、%K(パーセントケイ)の単純な移動平均線である。

これをファーストストキャスと呼ぶ。

ストキャスティクス計算式説明の図「マックス岩本講義動画」より

それに対して、スローストキャスティクスとは、ファーストストキャスティクスでサブラインとして使用した%D(%Kをある一定期間の移動平均をとったもの)をメインのラインとしで使用するものである。

もう一方のラインは、この%Dを平均化した(一定期間の日数で割った)S%D(スローパーセントディー)というものを使う。これをファストストキャスティクスに対して「スローストキャステイクス」と呼ぶ。

最初のコメントをしよう

必須