エリオット波動とは何か。FXテクニカルチャートとともに完全マスター

エリオット波動とは

エリオット波動(Elliott Wave)とは、米国の経済哲学者であるラルフ・ネルソン・エリオット氏が提唱した相場理論であり、それは、相場にも特定のサイクルがあり、その特定のサイクルを繰り返しながら動いていくという考え方である。

これは、相場全般に当てはまる理論であり、もちろんFXなどの為替相場にも当てはまる相場分析法である。

現在では、多くのトレーダーに相場の方向性を予測する分析方法として利用されている考え方となる。

エリオット波動の特徴

「エリオット波動理論」によると、相場の動きは【5つの上昇波動・3つの下降波動】があるといわれている。例えば上昇トレンドの場合は、「上昇→調整→上昇→調整→上昇」といった繰り返しになっている。また逆に下落トレンドの場合は「下落→調整→下落」というように上昇よりも短い周期で下に向かっている。

では実際のチャートでエリオット波動がどのようになっているのか確認してみよう。

このように、実際のチャートでは相場が上昇したり少しの下落を繰り返しながら進んでいることが確認できる。ただし、実際の相場ですぐに第1波を捉えてトレンドの波に乗ることはまず不可能といっていい。トレンドが発生したタイミングを捉えることは至難の業だからである。

そこで、このエリオット波動理論をトレードに活かすために、上昇波動の5波(第1波~第5波)と下落波動の3波(a波~c波)のそれぞれの特徴について、ひとつずつ確認してみよう。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります