【プロスペクト理論】これでリスク管理ができるようになる!

プロスペクト理論とは

1979年ダニエルカーネマンとエイモス・トベルスキーによって提唱され、リスクを伴う選択肢の間で意思決定をするとき、アノマリー(根拠のない事由)を克服するための理論である。

簡単に言うと、人間が投資などのリスクを伴う行動をするとき自分に不利な選択をしないような意思決定をしようという理論である。

この考え方が投資の分野で応用され、それまであまり重要視されていなかった行動経済学がこれをきっかけに多くの投資家の注目の的になった。ちなみに、この理論は2002年にノーベル経済学賞を受賞している。

プロスペクト理論リスクの回避型

ここであなたに質問でである。あなたはどちらの選択肢を選んだだろうか。

1あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
 A:確実に10万円もらえる
 B:コインを投げて表がでたら30万円もらえる。ただし、裏が出たらお金はもらえない

この場合、ほとんどの人はAを選択すると思われる。しかし、期待値で考えてみると、Aは10万円、Bは30万円×1/2=15万円で期待値はBの方が5万円多いにもかかわらず、たいていの人はAを選択してしまう。このように人はリスクを伴う行動では合理的な判断ができなくなり、1円ももらえないリスクを避けようとする。これがプロスペクト理論の「リスクの回避型」と呼ばれるものである。

プロスペクト理論損失の回避型

では、次の場合はどうであろうか。

C:確実に10万円没取される
D:コインを投げて表がでたら30万円没取される。ただし、裏が出たら没取されない

この場合はほとんどの人がDを選んでしまう。これも期待値で考えると、Cは̠-10万円であり、Dは-30万円×1/2=-15万円となり、Dの方が損失の期待値が高くなってしまうので、本来であればCを選ぶ方が合理的なのである。しかし、人間はリスクを伴う行動をするときは「確実に損失を出す」という状況を回避しようとする。これがプロスペクト理論の「損失の回避型」と呼ばれるものである。

まとめると人間はリスクを伴う行動をした場合、利益を前にすれば、確実に取れる利益を取るし、損失を前にすると、損失を確実に出すという行為を回避しようとする傾向にあるということが明らかとなった。これがプロスペクト理論である。

プロスペクト理論感応度逓減性

人間はどうして投資行動などで不利な考えをしてしまうのか。

それは、人間が投資行動をとったとき、利益と損失に対する感情が「感応度逓減性」という関係になる。

感応度逓減性とは、人間の投資行動で利益や損失が大きくなると、ある一定期間までくると、満足度や不満足度は増えず一定になるといった人間の感受性についての性質を示したものである。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります