【FX相対取引とは】メリット・デメリットとともに市場取引との違いについて解説!

相対取引や相対売買という名前をご存知だろうか。日頃のトレードで、価格や数量、通貨ペアなど自由に決められるのは、この「相対取引」が成立しているからだと言われています。本記事では、相対取引の概要やメリット・デメリットを詳しく解説していきたいと思います。

相対取引とは

相対取引とはあいたいとりひきと読む。

また、相対取引とは、買い手と売り手が直接取引を行うこといい、店頭取引やOTC(Over The Counter)取引ともいうことがある。

私たちトレーダーは、FXブローカーに対して、「通貨ペア」や「Lot」のデータを入力して発注することとなる。これはトレーダーとFXブローカーの相対取引である。

FXトレーダーは、世界為替市場の各国の通貨を運用することによって、利益を出すことを目的としてトレードするが、世界為替市場の取引所と直接取引しているわけではない。

取引所(世界為替市場)とトレーダーの間にFXブローカーが入ることによって発注・決済などの注文が可能となってくる。

相対取引と取引所取引との違い

繰り返すようであるが、相対取引とは、買い手と売り手が直接取引すること、つまり取引所を介さない取引のことをいう。

その一方、、取引所(世界為替市場)と直接取引する取引所取引がある。

取引所取引は、トレーダーが出した注文を取引所にまとめて、時間優先や価格優先のオークション方式で売買が行われる。

メリットとして考えられるのが以下の点である。

世界為替市場と直接取引することになるため、手数料等あらゆる面でフェアに取引できること

一方デメリットとして考えられるのは以下の点である。

取引所が定めたルール(取引量・取引期間など)に従う必要があること

取引所取引として利用できるのは現在、東京金融取引所の「くりっく365」のみである。

相対取引のメリット

では、相対取引のメリットは何だろうか。以下の2点が考えられる。

  • 売買条件が自由であること
  • 相対取引先のキャンペーン・サービスを享受できること

以下詳細について解説していく。

売買条件が自由であること

相対取引先のキャンペーン・サービスを享受できること

最初のコメントをしよう

必須