【FX】デイトレード手法とは何か。基礎知識から徹底解説!

FXをやっているとトレードしていると「デイトレード」という言葉をよく耳にすることがあるかと思います。しかし、FXのトレードを始めたばかりの初心者はそのデイトレードとは何なのかと思うかもしれません。そこで今回は、そんな疑問を持つFXトレード初心者の方用にデイトレードとは何かから特徴などを深堀して解説していきたいと思います。

デイトレード手法とは

デイトレード手法とは買いあるいは売りのエントリー注文を持ったまま翌日に持ち越さずに、その当日中に注文と決済を終わらせるトレードスタイルのこという。

1時間~数時間エントリー注文を保有して売買を繰り返して、1回のトレード当たりで30~100pipsの利益を狙っていくトレードスタイルである。

また、デイトレードにより近いものとして、数秒から数分単位で取引を繰り返すスキャルピングという手法も存在する。

スキャルピングについての詳細はこちら👇👇👇

両者とも、頻繁に売買を繰り返すことによって、短時間で資金を回転させていくことによって利益を増やしていくトレード方法である。

その日のうちに取得したポジションをその日のうちに決済をするため、もし相場の急変があっても資金を守ることができるというメリットがある。

デイトレードで使用する時間足

デイトレードで使う主な時間足は15分足、5分足である。

日足、4時間足、1時間足といった中期~長期足の値動きを見ながら、15分足、5分足の短期足に指標などを落とし込んでトレードしていくのが一般的なトレードスタイルで、トレンド、レンジ、各相場に合わせた手法でトレードして利益を積み重ねていく。

デイトレードのメリット

デイトレードのメリットとして挙げられるのは次の通りである。

  • 資金効率がいいこと
  • 時間の拘束、精神的負担が少ないこと
  • スワップポイントを気にしなくてよいこと

資金効率がいいこと

デイトレードは、その日のうちに取得したポジションをその日のうちに決済する手法である。そのため、資金の回転率がよく、うまくいく時はかなりの利益を上げられる。

翌日に持ち越さずに利益がでればその日のうちに決済してしまうため、少額の資金で利益を上げることができる。

時間の拘束、精神的負担が少ないこと

デイトレードは本業の仕事が始まる前の朝や仕事が終了した後など空いている時間にトレードについての戦略を立てて、仕事の空き時間などチャートが見れる時にトレードするというスタイルを取ることができる。したがって、ポジションを持たないため、本業中はトレードのことを気にせずに仕事に集中できる。あらかじめ利益確定や許容の損切り注文を入れておけば、もしエントリーと反対方向に相場が動いても想定外の損失になりにくいので精神的にも負担が少ないことなどが重要なポイントだ。

スワップポイントを気にしなくてよいこと

デイトレードは基本的には1日でエントリー・決済を完結する投資スタイルのため、日をまたいだ取引をすることがない。

よって、スイングトレードや長期投資のようにスワップポイント(各国間の金利差)を意識する必要がない。

スイングトレードについての詳細はこちら👇👇👇

スワップポイントについての詳細はこちら👇👇👇

デイトレードのデメリット

上述したようなメリットがある反面、デメリットもある。

デイトレの主なデメリットには次のような2点が考えられる。

  • 取引回数によって手数料がかさむ
  • ポジションを持ちこす危険性

取引回数によって手数料がかさむ

デイトレードは、1日の間で何度もトレードを繰り返して利益を積み上げていく方法であるので、その分売買手数料が多くかかってしまうことになる。

したがって、デイトレードをする際には売買手数料が少ないFXブローカーを選択することが重要なポイントとなってくる。

ポジションを持ちこす危険性

デイトレードは基本的に1日の内にトレードを終了させ、次の日には持ち越さないが、万が一ポジションを持ち越すこととなる場合、寝ている間などはチャートチェックなどできないため、大きな価格変動が起きた場合などに対処ができないため注意を要する。特に、日本の深夜の時間帯はアメリカの市場の価格が大きく動く可能性がある。

ポジションを次の日にもち越す場合、その間に何が起こってもいいように損切り設定は必ず入れるように心掛ける。

損切りについての詳細はこちら👇👇👇

デイトレーでおすすめの通貨ペアとは

デイトレードにおける推奨通貨ペアは、上述したように1日に数回の取引で利益を狙うため、ボラティリティが高く、値動きが活発であることが条件となってくると言えよう。一般的にメジャー通貨と呼ばれるものであれば毎日の流通量も多いので、デイトレードには最適と言える。

それらの条件を満たしているのが「ドル円、ポンド円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドル」である。

1つの通貨ペアではなく、毎日チャートをチェックしながらその日のボラティリティと過去のボラティリテイを比較しながら大きな値動きをしている通貨ペアを変えながらトレードしていくことも、利益を得るために有効な方法である。

【FX】デイトレード手法まとめ

FXの手法にもそのポジションを保有する期間の長さによって概ね4~5に分類されます。そのうちデイトレードはポジションを持ち越さずその日のうちに決済してしまう方法である。その日のうちに決済してしまうことから、参照するチャートもあまり長いものを使わない。日足などで全体の動きを確認しながら5分足~15分足(あるいは1時間足)でエントリーするというのが主流のやり方となっています。ただし、これも人それぞれやり方が異なり、1時間足しか参照しないデイトレーダーもよく見かけます。要は自分の投資スタイルに合ったやり方でデイトレードのメリットを生かした方法が最上だと考えます。

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります