【FX】スイングトレード手法とは何か。基礎知識から徹底解説!

FXには色々な種類のトレードス​​タイルが存在します。どれが良い・悪いという問題でなく、自分の生活スタイルや自分の性格に合わせたトレードス​​タイルを見つけることで、これからどうやって利益を出していくかという方向性が決まることになります。しかし、FX初心者の方は「どんなトレードス​​タイルにしていいのかさえもわからないという方もおおいのではないでしょうか。そこで今回は、FXトレードでいくつかあるトレードス​​タイルのうち「スイングトレード」について解説していきましょう。

FXスイングトレードとは

FXスイングトレードとは1日〜数週間、あるいは数ヶ月間ポジションを保有し続けるトレードス​​タイルのことを指す。

ポジションをどれくらいの期間持ち続けるかによってトレードの名称が変わってくる。

以下が代表的なトレードス​​タイルとポジションの保有期間であるので参考にしてほしい。

  • スキャルピングトレード:数秒〜数分
  • デイトレード:数時間〜1日
  • スイングトレード:1日〜数ヶ月

スキャルピングトレードデイトレードは、その日のうちに「注文→決済」を行うので、取引中にパソコンやスマホで現在の価格をチェックする必要がある。

しかし、スイングトレードのチャートのチェックは1日数回でOKである。

そのため、仕事を抱えているサラリーマンや家事忙しい主婦の方など、チャートのチェックなどに時間をかけることができない方に向いているトレードスタイルと言えよう。

1日数回チャートで価格をチェックするだけでいいのと思う方がいるかもしれないが、これにはスイングトレードで使用する”時間足”が大きく関係している。

👇👇スキャルピングトレードの詳細はこちら👇👇

👇👇デイトレードの詳細はこちら👇👇

スイングトレードで使用する時間足は

スイングトレードでは通常「日足」を使用する。また、日足と平行して1時間足を見てトレードするのが有効な方法だと言われている。

したがって、「日足+1時間足」を基本にして、4時間足や週足、月足などの長い時間足も参考にしてトレードしていくのが通常のスタイルとなる。

1日に何度もチャートを確認する必要がない

日足は1日に1本、1時間足は1時間に1本のローソク足を形成するのみなので、1日に何回もチャートを確認する必要がない。

スイングトレードチャートの参照時間足の注意点

のぶた君

スイングトレードでも1時間足より短い時間足を参照する必要はないんですか。

ドラゴン先生

スイングトレードで1時間足以下の時間足をチェックすることはあまりおすすめしない。

のぶた君

それはなぜですか。

ドラゴン先生

1時間以下の時間足は、相場の多少の価格変化でも反応するので、トレンドの方向感覚を失ってしまうことがよくあるからだ。

重要ポイント


スイングトレードとは使用する時間足からもお分かりのように、相場の大きな流れを捉えてトレードする手法であるということを念頭に置いておく必要がある。

スイングトレードのメリット

ここではスイングトレードのメリットについて解説していく。

スイングトレードのメリットとしては、以下の3点が挙げられる。

  • チャンスをじっくり待つことができること
  • 多少エントリーがずれても利益を上げられること
  • スワップポイントでの利益を狙いやすいこと

3つのポイントについて、順に解説していくこととする。

チャンスをじっくり待つことができる

FXで利益を上げるには、勝率が高いポイントでエントリーしていくということが重要になってくる。その点スイングトレードは、相場の大きな流れを捉えていく手法であるため、比較的長くポジションを保有するため、じっくり戦略を練りながらエントリーチャンスを待つことができるというメリットがある。

FXで利益を上げるには、勝率が高いポイントでエントリーしていくということが重要になってくる。その点スイングトレードは、相場の大きな流れを捉えていく手法であるため、比較的長くポジションを保有する。したがって、じっくり戦略を練りながらエントリーチャンスを待つことができる。

また、特に短い時間足のチャートを目の前にすると、目先の価格の値動きに気を取られてしまうため、平常心が保てなくなる。口座の資金がリアルタイムで増えたり減ったりするのは、大きな精神的ストレスとなる。

以上のように精神的ストレスが緩和されるということで、特にFX初心者のトレーダーにはスイングトレードはピッタリのトレードスタイルと言える。

多少エントリーポイントがずれても利益を上げられる

スキャルピングトレードやデイトレードは小さな値幅を狙って小さな利益を積み上げていく手法であるため、エントリーチャンスを逃すと致命的な面がある。そのため、一瞬のチャンスを逃さないように価格の動向を常に見張る必要がある。

その反面、スイングトレードはエントリーチャンスを逃してエントリーポイントから5〜10pips程度ずれても、取れる値幅が大きいので、大きな利益を狙うことが可能である。

また、相場の動きを確認してからのエントリーとなるので、損切りも回避することができやすく、勝率が高くなる。

スワップポイントでの利益を狙いやすい

スワップとは、「2国間の通貨の金利差」のことをいう。

FXでは金利が低い国の通貨を売り、金利が高い国の通貨を買ってポジションを持ち続けるとスワップポイントという名の利息を受け取れます。

このスワップポイントでの利益のみをを狙う、「スワップトレーダー」というトレーダーも存在する。

しかし、近年先進各国はこぞって低金利政策を取っているため、メジャー通貨でスワップポイントのみを狙うトレーダーは少なくなっている。

👇👇スワップポイントの詳細はこちら👇👇

スイングトレードのデメリット

次に、スイングトレードのデメリットについて解説する。

スイングトレードのデメリットとして、考えられるのが以下の2つである。

  • エントリーを待つ時間が長くなりがちになること
  • 急激な相場の変化への対応が難しいこと

以下詳細に解説していく。

エントリーを待つ時間が長くなりがちになること

前述したように、スイングトレードは「日足+1時間足」をベースにトレードしていくのが基本である。

日足は1日に1本、1時間足は1時間に1本しかローソク足を形成しないため、大きな値動きしかとらえることができない。

そのため、エントリーチャンスを一度逃してしまうと次はいつになるかわからないし、長い時間待たなければならないということになりかねない。

急激な相場の変化への対応が難しいこと

FXなどの為替相場は、経済指標の発表や要人発言、災害などのニュースの影響を受けて、レートが大きく動くことがある。

それらの経済指標や要人発言等により数日~数週間かけて動く価格が、わずか数分から数時間で変動することはよくある話だ。

スキャルピングトレードやデイトレードであれば、チャートを常に監視しているため、すぐに対応ができるが、チャートのチェックをあまりしないスイングトレードだと対応が困難になる。

エントリー時にあらかじめテイクプロフィット(利益確定の決済注文)やロスカット(損切り注文)を入れておくのをおすすめする。

スイングトレードにおすすめの通貨ペアとは

スイングトレーでオススメの通貨ペアにはどんなものがあるだろうか。

今までも述べてきたように、スイングトレードは、中〜長期の大きなトレンドを取る手法となるので、トレンドにしっかり乗ることがとても重要となってくる。

そのため、安定し、なおかつはっきりとしたトレンドが出る通貨ペアを選ぶのがよいと言える。

ここでトレンドの発生率と関係しているのが「通貨の流動性」つまり「ボラテイリテイの大きな通貨で、メジャー通貨は一般的にボラティリティが高いという特徴があるので、メジャー通貨を選ぶのをおすすめする。

これらの点を考慮して、オススメしたいのは、

  • ドル円
  • ユーロ円
  • 豪ドル円
  • ポンド円

上記4種類の通貨ペアである。

FXスイングトレードまとめ

  • FXスイングトレードとは、1日〜数週間、あるいは数ヶ月間ポジションを保有し続けるトレードス​​タイルのことをいう。
  • 相場の大きな流れを捉える投資手法となるため、参照するチャートも日足チャートのような長いものが主流となる。
  • 大きな流れを捉える手法となるため、スキャルピングトレードやデイトレードのように1日中チャートに張り付く必要はない。また、エントリーポイントが少しずれても利益を上げられるのがメリットの一つである。
  • その反面、エントリーチャンスが少ないため、エントリーまで長く待つことになることと、相場の急変に対応することが難しいというデメリットがある。

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります