FXダイバージェンス その手法と見方・注意点について徹底解説

FXとトレードをしていて、よくトレード指標にオシレーター系テクニカル指標をよく使用すると思います。その際に「ダイバージェンス」という言葉をよく聞かないでしょうか。これは、オシレーター系テクニカル指標に表れる実際相場との逆行現象のことを指します。では、実際の相場でこれが出現したときの活用方法と注意点とは何でしょうか。それを徹底解説していきます。

そもそもダイバージェンスとは

通常は相場の価格が高ければオシレーター系指標の値も高くなり、低くなれば指標の値も低くなる。

しかし、まれに、価格が高値をつけたのに、オシレーター系指標の値が高値をつけていないといった現象が起こることがある。

このように、実際の相場の価格の上下の波形とオシレーター系テクニカル指標 (MACDやRSI等 )が作る波形とが逆行している現象のことをダイバージェンス(逆行現象)という。

👇👇👇MACDについての詳細はこちら👇👇👇

👇👇👇 RSIについての詳細はこちら 👇👇👇

最初のコメントをしよう

必須