【ヘッド&ショルダー】必勝のチャートパターンをさがせ!

ヘッド&ショルダーとは

日本名を三尊天井とか逆三尊という言い方をするもので、いわばチャートパターンと呼ばれるものである。

チャートの形が、日本では仏像3体を並べた形に似ていることから、三尊と呼ぶが、海外ではこれが人の形に見えるということで「ヘッド&ショルダー(頭と肩)」と呼ばれている。

三尊と言われるチャートパターンを分析していくと2つの種類に分けられる。

ヘッド&ショルダーの2つの種類と

ドラゴン先生

1つ目はヘッド&ショルダートップで2つ目はヘッド&ショルダーボトムである。

① ヘッド&ショルダートップ

1つ目は「三尊天井」で英語名が「ヘッド&ショルダートップ」と呼ばれるチャートパターンである。

これは、チャートに3つの山、つまり、真ん中の山が一番高く、脇にその高さを超えられない山が2つできるパターンであり、トレンドが終焉を迎えるときに発生するものである。

つまり、この形がチャートに現れると、3つ目の山を起点に「下落トレンドが発生する可能性が高い」チャートパターンとなる。

② ヘッド&ショルダーボトム

2つ目は三尊(ヘッドアンドショルダートップ)の全く逆で「逆三尊」と呼ばれているチャートパターンで、英語名「ヘッド&ショルダーボトム」とも言われてる。

こちらは、真ん中の一番深い谷と脇の2つの谷で構成されているチャートパターンである。

ヘッド&ショルダーボトム (逆三尊)は、 ヘッド&ショルダートップ (三尊天井の真逆であるので、下落トレンドの終焉を意味するものとなり、これが形成されると、3つ目の谷の部分を起点に「上昇トレンドが発生する可能性が高い」チャートパターンとなる。

ヘッド&ショルダーの使い方

このように、 ヘッド&ショルダートップとボトム はエントリータイミングが見つけやすいチャートパターンと言える。

そんな ヘッド&ショルダートップとボトム がチャートパターンとして現れたときそのように利益を出すのか具体的に解説していく。

ヘッド&ショルダー から利益を出す方法

先ほどヘッド&ショルダーのトップとボトムは3つの山を形成すると説明したが、これを細かくすると2つの部分に分けることができる。1つは山の部分でもう一つは3つの山の下げ止まりポイント(②と④)に引いたライン(ネックラインという)である。

ヘッド&ショルダートップ のエントリーポイント解説の図

価格が上昇と下落を繰り返し、一番高い山ができ、その後3つの山ができるが、真ん中の山の最高値を越えられずに下落し、価格がネックラインを下にブレイクしたポイントでショートエントリーである。

ヘッド&ショルダーボトム のエントリーポイント解説の図

これは、上記の真逆である。価格は下落基調でその後上昇下落を繰り返し(①)、一番大きな谷(②)ができたあと3つ目の谷(③)の最安値が真ん中の一番低い谷の価格まで下げずに上昇し、価格がネックラインを下から上にブレイクしたポイントでロングエントリーである。

ヘッド&ショルダー がこのような値動きになる理由

なぜヘッド&ショルダは、こんな値動きになるのか、その原因は、3つ目の山にある。

ここからは実際トレードしたチャートを見ながら解説していこう。

リアルトレード上のヘッド&ショルダートップのチャート

①の山から②の中央の山にかけて上昇トレンドになっており、まだまだ上昇トレンドが続くとの判断から、トレンド買いエントリーのトレーダーがたくさん参戦してくる。

その後、中央の山付近まで行くと、その勢いも衰え、ネックラインのところまで下落する。

ネックラインのところを見ればわかるが、過去何度も下値を止められているサポートラインとなっているため、このチャートを見ていた買いトレーダーたちはこのタイミングで買いエントリーを仕掛けてくる。

すると、ここで新規の買いトレーダーが増え、相場は上がり始めます。

そして、3つ目の山付近でエントリーしたり、まだ利益を確定できていない買いトレーダーたちは、一つ目の山の高値付近を利益確定の目安に見るので1つ目と同じ高さの山ができて、また下落していくという流れとなる。その結果、買いポジションが一気に決済されるため、再び下落が始まる。

ただし今度は、三つ目の山で利益確定をできなかった買いトレーダーが、一斉に損切りをするため、ネックラインを割り込んでくる。

ここで、トレンドが転換したと多くのトレーダーが考え、売りの注文が一気に入り、大きな下落トレンドが発生することとなる。

ヘッド&ショルダー まとめ

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります