ポジポジ病とは一体何か。なぜ起きるのか、その対処方法について考察します!

「ポジポジ病」という言葉を聞いたことがあるだろうか。FXの世界では「損する人の代名詞」とまで言われているものです。エントリーしてポジションを持つことを俗に「ポジる」と言いますが、チャートを開くとすぐにエントリーしたくなるくせのことを言います。FX初心者の方が特に多く見られ、いつでもエントリーしてポジションを持っていないと落ち着かない、というものです。先程「ポジポジ病」は初心者の方に多く見られると述べましたが、誰でも陥る可能性がある病気です。ここではなぜ「ポジポジ病」に陥るのかまたその対処法はあるのかなどの考察を行っていきたいと思います。

ポジポジ病とは

エントリーしてポジションを持つことを俗に「ポジる」という。ポジポジ病とは、優位性のあるエントリーチャンスまで待たずにチャートを開くとすぐにエントリーしたくなる癖のことを言う。優位性のあるエントリーチャンスまで待たないで何度もエントリーを繰り返すため、投資資金がみるみる減っていくこととなる。

ポジポジ病の原因とは

ポジポジ病の原因をして考えられるのは以下のことである。

  • チャートが少し動いただけでそれが全部チャンスに見えてしまうため
  • ちょっとしたチャートの値動きも逃したくないと考えているため。 
  • エントリーをしないときに限って大きな値動きとなることで、値が動いてしまったときの喪失感がつらい ため
  • エントリーしたときのワクワク感のため

どれも初心者のトレーダーにありそうな項目のように感じられるが、中級以上のトレーダーでもありがちなことである。

ポジポジ病に陥ってしまう人の多くは、「大きく稼ぎたい」、「大金を手に入れたい」という欲が先行してしまい、そのため、むやみやたらにポジションを持ち、損失を増やして、挙句の果てには資金をなくしてしまうことになる。

ポジポジ病を克服する方法

ここが一番重要なポイントになる。

ポジポジ病になってしまったら早めに改善する必要がある。何年も気づかずにほっておくと抜け出せなくなる可能性がある。まず重要なの「トレードをしないで相場をよく観察してみる」ということだ。

したがって、エントリーすることを意識するのではなく、今現在相場がどんな状態にあるのか、今の相場は果たして優位性があり、エントリーすれば利益を挙げられる相場なのかなどを検討してからエントリーしても遅くはない。なぜなら、相場は永遠に続いているものであり、エントリーチャンスは幾度となくめぐってくるからだ。

しかし、むやみやたらとトレードを繰り返して資金をなくしたらその場で相場から退場することとなる。資金がある限りはエントリーチャンスはあると考えるべきだ。

具体的な対策方法

それでは、相場を観察してトレードしないと一口に言っても、普段からやたらにトレードをしているポジポジ病の方は、「ポジションを保有していなければ落ち着かない」、「前回の負けを早く取り戻したい」と考えている方が多いので、エントリーしないということはストレスの原因になることもある逆にストレスになってしまいかねない。

今までエントリーしたいときにしていたことを急に今日から辞めろと言われても逆効果で余計エントリーしたいという気持ちが強くなってしまい、最悪の場合、以前よりも悪化してしまう可能性もある。

そこで、以下の項目について普段から実践してみてはいかがだろうか。

  • 今までエントリーしていたロット数から数ロット落としてエントリーする。
  • チャートをみる時間帯を決める。例えば、値動きの少ない東京時間②はチャートを一切見ない。見るとしても時間を決めておく。
  • トレードしない時間はチャートを閉じる。
  • チャートを確認するときはデモ口座で確認する

具体的な対策方法

一口にトレードスタイルといっても様々である。スキャルピングデイトレード、スイング、ポジションなどである。人それぞれ生活スタイルや自分にあったトレードスタイルがあるが、この中でポジポジ病に陥りやすいトレードスタイルはどれかと言えば、スキャルピングトレードだ。

スキャルピングトレードイメージ図

👇👇👇スキャルピングトレードについての詳細はこちら👇👇👇

それはなぜか。スキャルピングトレードは、他のトレードスタイルよりもエントリーするタイミングが頻繁にあるからだ。

特に短い時間足である1分足や5分足を参照してトレードすると、1分や5分に1回エントリーチャンスが来るという理屈になる。

よって、1時間足や4時間足を参照しているトレーダーに比べて、どうしてもエントリー出来る回数が多くなり、ポジポジ病になりやすくなってしまう。

ポジポジ病の自覚があるトレーダーはチャートの時間軸を1つ長いものに変えてトレードしてみるのもポジポジ病を克服する一つの方法だ。

マルチタイムフレームを活用する方法

それでもスキャルピングトレードをしたいというトレーダーは多くいる。

そのようなトレーダーにお勧めなのがエントリーの条件をを厳しくすることだ。

例えば、自分の通常決めたルールにプラスして、1時間足や日足などの長期足の流れが、今エントリーしたい方向と同じ方向に動いているのであればエントリーチャンスの時にエントリーしてみるということだ。

これはマルチタイムフレーム手法といい、多くのトレーダーが用いている手法だ。

👇👇👇マルチタイムフレームについての詳細はこちら👇👇👇

ポジポジ病まとめ

今回はポジポジ病とはどんなものなのかから始まって具体的な改善方法までをご紹介させていただきました。

もし、この記事で紹介した項目に身に覚えがあれば、すでにポジポジ病か、ポジポジ病の一歩手前の可能性が高いです。

もし、ポジポジ病の自覚のある方はこれを克服するのに時間がかかるので、ポジポジ病一歩手前の方はならないような工夫が必要です。

初心者に陥りがちなイメージのあるポジポジ病ですが、ポジポジ病にかかっているのは決して初心者ばかりではない。トレードに慣れ始めたころに陥りやすい傾向が強い。したがって初心者ばかりでなくトレードしている者なら誰でも陥る可能性があるものです。

陥らないようにするためにはやはりトレード回数を減らすことがもちろん大事だが、そのためには時間軸を一つ長いものにしてみるとか普段のエントリーの条件にもう一つ何か加えてみるとか一工夫必要になってきます。

ポジポジ病に陥っているかチェックすることで現在のトレードスタイルの見直しにつながってくるのでぜひこの記事を参考にしていただきたいと思います。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります