平均足とは何か?ローソク足と何がどう違うの?その活用法を徹底解説!

平均足とは

ローソク足の一部を平均化した足のことで日本古来のチャート分析法である。

起源は定かではないが、開発者は生糸相場で莫大な利益を挙げた相場師であると伝わっている。

平均足解説の図「マックス岩本講義動画」より引用

上記の図は、ドル円の15分足に平均足を表示したものであり、通常のローソク足とは若干計算式が異なる。

背後に表示されている緑色のラインは、通常のローソク足の終値だけを結んだラインチャートである。

平均足の特徴

一定期間トレンドが継続すると、同じ色の足が一定期間継続して並ぶので、トレンドが視覚的に認識しやすい。

また、ヒゲの長さや実体部の大きさでトレンドの強弱を捉えることができるインジケーターということになる。

平均足は、移動平均線やトレンドラインほどポピュラーではないが、テクニカル指標の中では有名なインジケーターの1つになる。

ただ、平均足の理解のためには、この平均足の基となっているローソク足の理解が欠かせないものになってくるので、まずはローソク足の解説から始めよう。

平均足とローソク足の違い-ローソク足の問題点

ドラゴン先生

ここからはしばらく平均足の基本となるローソク足の特徴やそのデメリットなどについて説明していく。

ローソク足の問題点解説の図
「マックス岩本講義動画」より引用

ローソク足は、江戸時代の米相場で発明されたとされる純日本製のテクニカル指標の代表格である。

ローソク足には、ご存じの通り、陽線と陰線があるがこれを表示しただけで、ある時間帯にどのような値動きをしたかを確認することができる。

上図の陽線は、始値から一時的に下値を探って安値を形成し、その後反発して高値を形成し、一時的な調整でその日が終わった。

始値より終値が高いから売り方と買い方の割合としては買い方が多かったということで次の足も上昇するのではないかという分析となる。

上図下の陰線は、陽線の逆であるが、始まって高値をつけてその後価格が失速し、次のどこかのタイミングで安値を打って終値を形成した。

始値より終値が安いことから、買い方より売り方が多かったということで次も下がるのではないかという分析となる。

ローソク足の単線分析には様々なものがある。

例えば、実体部の大きい大陽線や大陰線や実体部の小さいコマ陽線やコマ陰線である。

これは気迷いを表すと言われている。

それでは実際に、ローソク足(単線足)分析を使って、経過を追っていくこととする。

ローソク足の問題点解説の図 を見ていただきたい。

赤い枠線で囲った間というのは①短い下ヒゲの陽線②長い下ヒゲ陽線を確認しているが、これらは単線分析ではトンカチといい、下ヒゲが長いので、大底なら買いを示唆するものとなる。

また、赤枠で囲まれた部分のローソク足の本数は、7本連続陽線が確認されているのでそれを根拠に次も上がるのではないかとすればこの間は含み益が少なからず乗った局面、つまりローソク足分析の有用性が発揮された局面となる。

次に、青枠の部分であるが、ここで初めて陰線3本が確認されている。

上下にヒゲを伴うコマ陰線であり、単線分析においては、気迷いを示唆するものである。

また、それまで上昇トレンドだったので、いったんの買い一服を示唆するようなチャート形状となっている。

次の足は、比較的サイズの大きな大陰線であり、前のコマ陰線の安値を更新してしまった。

ここで言えるのは、この局面では売り方が非常に多いことがわかることから売買戦略としては売りということとなる。

仮に陰線が確定したタイミングでローソク足分析を行って売ったと仮定する。

その後陽線が確認されている。これは比較的大きな陽線で買い勢いが強いことを示唆している。

次も上ヒゲの長い陽線でコマ陽線に分類され、気迷い足ということになるので決済すべきかどうか非常に迷うとこである。

3本目も陽線なので買い勢いが強いことを示唆し、1本前の高値を更新する列記とした陽線である。

青枠の箇所で3本陰線が確認された局面で売ったとしたら、3本の陽線が出たので、決済する、損切りするという人もいるだろう。

仮にここで損切りし、買いに持ち替えたということを想定する。

買う根拠はもちろん直近連続で3本陽線が確認されたということであり、この部分は酒田五法の一つである赤三兵というものに該当し、買いの勢いが強いことを意味するので更に一段高になるのではという思惑から買っていく局面である。

4本目は、長い上ヒゲを伴う陽線であったが陽線であるからもう少し持っていようということになる。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります